小僧’プロフィール

ぽん母

Author:ぽん母
名前:ぽん太
性別:♂
一言:キャバリアKCスパニエル
13、4㎏⇒12,6㎏⇒10,8㎏でかキャバです。

ぽん太

名前:ラッキー
性別:♂
一言:シーズー
おりこうちゃんの次男坊
だけど、結構頑固者です。
ラッキー

名前:まろん
性別:♂
一言:アメコカ
超~甘えっ子母ちゃんのストーカーでつ
まろん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

てんでんこについて、考える。

今日も、ワンコ記事ではありません。ごめんなさい
ぽん母の頭の中を、少しだけ文章にしたので
興味の無い方はスルーしてください。
ぽん太 ごあいさつ

昨日書いた「てんでんこ」って言葉
書いてみて・・・昨日1日考えてしまった事がある
「てんでんばらばらに」「人にかまわず必死で逃げろ」
でも・・もし、自分が津波に合って、今逃げようとした時に
目の前に自分の母が思うように歩けずにいたら?
それでも「てんでんこ」って言って自分だけ逃げる事が出来る?
もし、自分の子供が途中で転んで逃げ遅れたら・・・
「てんでんこ」って言って自分だけ逃げる?
いや・・・いや・・・無理!絶対に無理!
そんなこと考えて、夜母に聞いてみた
もしも・・・って
「そんな時は、私を踏みつけて上に逃げるのよ!
私はどうなっても良い、あんたが助かればそれで良い」・・・と言う
そして、母である私は子供に同じ事を聞かれたら
母と同じように言うのだと思う。
そして、子供でもある私は
「お母さんも一緒に助からなければ
踏みつけてそこに置いてはいけないでしょ~」と言葉を詰まらせる
私の子供達もまた、同じ様に答えるだろう~と思った
自分がワンコを抱いて避難してる途中に歩けないワンコがいたら
必死で抱き上げて一緒に逃げるだろう。
もし、それで命を落としたとしても
あの時なぜ救わずに逃げたのかと後悔するより
ずっと、マシだと思う(自己満足なのかもしれないけど)
13090[1]
「てんでんこ」
この言葉の意味は、受けめる人それぞれの解釈があるのだろう
本当に今、目の前で自分の命と誰かの命を天秤に掛けろと言われたら
そんな状況に陥った事は今までの人生で1度も無いけれど・・
もし、そんなことを経験したとしたら
後世に「てんでんこ」と言えるのだろうか?

なぜこんな事を考えたのかと言うと
まだ私が幼稚園児だった頃
岩手県宮古市に住んでいて、
1968年に起きた十勝沖地震のとき
実際津波が来て山に逃げた事があった
記憶はあいまいながら、海の方から真っ白な塊が
モクモクとこちらへ向ってくる光景と
父の会社のトラックに乗せられて先に避難していた私を
汗だくで山を登ってきた父が必死で探し
大粒の涙を流してギュ~~っと抱きしめた事
母が声を上げて駆け寄ってきた事
今も鮮明に残っているからなのかもしれない。

P1050846[1]
↑昭和40年代の宮古市ラサ工業の煙突
h19271_3[1]
↑ココ最近のラサの煙突
スポンサーサイト

コメント

No title

私も昨日 改めて考えたよ。
自分が1番大切...若いころはそう思ってた。
でも 今年老いた両親 そして息子や孫 ワンコたち...
私には大切なものが沢山ある。
そして 今まで沢山の思いでもある。
お母さんが言った 私を踏みつけて上に行きなさい...
なんか私もそう言えると思う。

そういう場面に合ったことがないからなんともいえないけれど 大切なもののためなら きっとそうするんだろうな...
なんか かっこつけて...って言われるかもしれないけど...
この災害で 大切な人のために命を落とした人もたくさんいるんだろう...
残されたものは淋しいけれど きっとその人はホッとしているはず。
命...誰のためにあるんだろうね。
みんながみんなの命を大切に出来る世の中であって欲しいね。

No title

私も、てんでんこ、考えさせられました。
もしも、そんな状況になったら、娘とクッキーを先に行かせるでしょう。
自分は、どうにかなってしまうかもしれないけど。
大切な人たちには、ずっと元気でいてほしいと思ってしまう。
ぽん母さんのような、すごい体験はないけど。
東日本大震災は、怖かったです。
家の中がめちゃくちゃになった地震は初めてでした。
だから、家族みんなが、元気に過ごせる今を、本当にありがたいと思って。
感謝の日々です。v-22

てんでんこ!

宮城県石巻市立大川小の児童・教職員計84人が死亡
が,訴訟問題になってますね。
てんでんこ!
これは,親が愛する子どもに言った言葉だと思います。
親やまわりの人がどうあれ,子どもはてんでんこで逃げろ!!
自分だけでもいいから,一人でも助かれ!!と!
あとは,自分たち(親・大人)が,なんとかするから‥‥
ということではないかと思っています。
その教訓が生かされなかったのが
宮城県石巻市立大川小!!
むざむざ多くの子供達が‥‥
もし,この学校の先生方が「てんでんこ!」の教訓を知っていたら‥‥
本当に,残念です。
しかし,実際に目の前に,親や祖母がいたら‥‥
ワンコがいたら‥‥
自分は,どうするでしょうね‥‥
どうするか‥‥どうなるか‥‥
まったく自信はありません‥‥

No title

覚えているはずないけれど、自分は十勝沖地震の前日に生まれたらしいです。
病院は大パニックでしたが、看護婦さんとおっかぁが新生児の自分を守ってくれたみたいです。
「てんでんこ」ほのぼのとした方言ですが、深い言葉ですね。

No title

てんでんこ
初めて聞いた言葉です
ぽん母さん 本当に同感です
母である自分 娘である自分
どちらも大切な家族だもの ワンコだって同じよね
私は、職場でも同じような事を思います
8名の守らなければならない大切な命だから、大きな地震
保育中に来ない事を祈ります

No title

ひでちゃん 様

この言葉、考えれば考えるほど奥が深いように思う。
大切に抱えて行くものが増えて
重さを増してくる・・・・この頃
それをほって置けない自分。
ひとりじゃないって嬉しいけど
時に、苦しかったり逃げたかったりするけど
毎年3,11に考えるのもありだよね。




よつばママ 様

何も無い平穏な毎日に、本当に感謝しなければならないね。
守るべきもの、そして守られていることにも感謝だよね
自分がどんなことになっても、やっぱり自分の子供は守りたい
それはワンコも同じだよ。
でも、きっと自分の子供には「てんでんこ」って言うと思う。。





ラッキーパパ 様



宮城県石巻市立大川小の児童・教職員
判断のミスなのか?人災なのか?
でも、きっとその場に居た教職員もみんな必死だったんだと思うんだ。
大切な物を必死で守ろうとしたんだと、私は思いたい。
でもね、これが自分の子供だったら・・・・・
やっぱり「てんでんこ」って言うよ絶対!!
ホント、実際その立場にならないと分からないです私も。
でも「てんでんこ」って言葉、忘れないようにって思う




ちゃげき 様

そう~だったんですか!
十勝沖地震の前の日に・・・。
お母さん必死に守ったんですよ!
我が子って、自分の命より守りたい存在だもの
それが、たとえどんなに大きくなったってね。
「てんでんこ」何気なく毎日岩手日報で読んでたけど
あらためて、意味を考えると深い言葉ですね。




もなかママ 様

私も、震災があって地元紙に載るようになって
初めて知った方言だったよ。
3年たって、深くこの意味を考えてしまった(笑)
でも、実際そんな状況に置かれたらどうなるのか?まったく分からないけど
この言葉を覚えていることも大切だと思ったよ。
職場もそうだよね、可愛い大切な命を親に代わって預かってるんだもん。
でも、もなかママちゃんもし、何かたいへんな時は「てんでんこ」だよ!
お家に帰ると、もなかママちゃんを頼りにしてる大切な命があるんだからね。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/13 08:50)

宮古市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
☆☆☆
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -