小僧’プロフィール

ぽん母

Author:ぽん母
名前:ぽん太
性別:♂
一言:キャバリアKCスパニエル
13、4㎏⇒12,6㎏⇒10,8㎏でかキャバです。

ぽん太

名前:ラッキー
性別:♂
一言:シーズー
おりこうちゃんの次男坊
だけど、結構頑固者です。
ラッキー

名前:まろん
性別:♂
一言:アメコカ
超~甘えっ子母ちゃんのストーカーでつ
まろん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

忘れない

今日で、震災から5年です。
岩手日報に3月から連載されている記事です。
「忘れない~震災犠牲者の行動記録」
もしよければ、お時間のある時に見てください。
宮古市田老の記事には、巨大防潮堤があるから大丈夫だと思い避難しなかった。
足が不自由で、避難できなかったと言う方もおられます。
まさかここまで津波が来るわけがないと言う過信から避難しなかった方もいます。
2011_0327_145332-IMG_1644-thumbnail2[1]
ぽん母は小学生時代、宮古市内の小学校に通っていました。
年に何度か、避難訓練をした記憶があります
学校の屋上、近くの裏山の牧場へ
そして、幼少のころ津波警報が出て山の上に避難したこともうっすらと記憶に残っています。
その頃から「命てんでんこ」の話は知っていましたが
意味は理解していなかった・・・いや・・・・今でも理解できてません。
小学5年の時に、沿岸宮古から青森県の内陸へ引っ越し
てんでんこと言う言葉を聞くこともなくなり忘れていた。。
震災の時、〇十年ぶりに聞いた「てんでんこ」の言葉
そして・・・・時が過ぎて行くたびに、その言葉の深い意味を考えてしまう。
2011_0327_132447-IMG_1611-thumbnail2[1]







スポンサーサイト

コメント

5年ですね。

あの日から5年!
あの日も金曜日!
今日も金曜日!
ちょうど5年で同じ曜日になるんですね。
ラッキー地方は震度5強でした。
津波予報を見た記憶があります。
高さ2m!
そんなに低くはない!
もっと巨大では!?
みんな早く逃げなければ!!
そう思った記憶が‥‥
あれから、5年ですね。
「命てんでんこ」
いつまでも、忘れずにいたいものですね。
10年たっても‥‥
20年たっても‥‥
100年たっても‥‥

No title

ぽん母さんは 被災地に入って沢山の方々の様子を目の当たりにしたから
尚 思うことが多いね。
私は 被災者の方のお話を聞くくらいで 福島の沿岸にはまだ行ってない…
ただ 宮古に行ったときには 声が出ないくらいのショックが 今でも思い出されます。
我々の思う気持ち以上に 辛く悲しい思いをした人がたくさんいるってこと…
いつか そんな人たちが少しでも幸せを感じてくれるときが来たらいいね。
確かに まだ5年なんだね。

2度とあってはいけない!
みんな そう心に刻まなくちゃね。

No title

5年が経ちましたね。。
今日も朝から各局が現地からの中継してましたね
黙祷の時間が近づいてくると心がざわざわ落ち着かなかったです。
被災地は私が2013年に行った時とあまり変わってないかも
まだまだ復興とは程遠い感じがしました。
ぽん母さんは宮古で過ごしてたんですね
想い出の地があんな姿になってしまいさぞ切ないでしょう
「てんでんこ」みんなが自分の身は自分で守りなさい
バラバラで逃げるという事だったかな
いざとなったら自分はそう出来るんだろうか。。
震災記事は後でゆっくり読ませていただきますね

東日本大震災

おはようございます。
昨日は各TV局が特番してましたが
いまでもたくさんの方々が苦しみから
抜け出せません!
辛いですが何もできないのが悲しいです!
これからの復興に国ももっと力を入れて
欲しいものです~!
近くに住んでいりたあれもこれもお手伝いに
という気持ちです(;_;)

No title

ラッキーパパ 様

もう5年、まだ5年
あの日も金曜日でしたね
直後に停電・・・何も情報のない2日間
2日目に電気が付いて、見たテレビ・・・
あの時の衝撃は、今でも忘れない
育った町を襲う黒い津波
「命てんでんこ」
いつまでも忘れずに・・・・ですね




ひでちゃん 様

私のしたことは・・・・。。役に立ったのかなぁ?
でもあの時は、何かに動かされてるって言うのか
疲れも感じなかった(笑)
被災者の話を聞くことだって、立派なボランティアだよ。
宮古へ行ったとき、絶句だったもんね
いつか、一緒に福島の海に行ってみようね。
私、いわきのめひかりって言うお魚食べたいわ~!

東北人として、けしって忘れてはいけない
そして、心はいつもそばに寄り添っていたいですね




のんち 様

5年ですね
朝から震災の報道でした。
復興、復興と言うけれど・・・・あのままです。
そして、まだ仮設住宅にはたくさんの方が住んでます
子供の頃宮古市で過ごして・・・黒い津波が襲ったあの場所は
そろばん教室があった場所なんです。
「命てんでんこ」
この言葉・・・・奥が深すぎて・・・説明できないよ
自分がそういう場面に出くわしてなし
でも、私もてんでんばらばらに逃げれないと思う




よっこたん 様

朝から・・・夜も特番でしたね
被災地岩手県のテレビは単独で特番でした。
遠くても忘れないでいてくれる
心を寄せてくれる
それだけでうれしいです。。ほんとに
もし逆の立場なら・・・・私もよっこたんさんと同じだよ
非公開コメント

☆☆☆
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30