小僧’プロフィール

ぽん母

Author:ぽん母
名前:ぽん太
性別:♂
一言:キャバリアKCスパニエル
13、4㎏⇒12,6㎏⇒10,8㎏でかキャバです。

ぽん太

名前:ラッキー
性別:♂
一言:シーズー
おりこうちゃんの次男坊
だけど、結構頑固者です。
ラッキー

名前:まろん
性別:♂
一言:アメコカ
超~甘えっ子母ちゃんのストーカーでつ
まろん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

まろんと2人旅 その2 きんかもちのこと。

今日はたなばたですね~
曇りの盛岡、天の川は見られないかなぁ~?

さてさて続きです!
2日は、マリちゃんとこに泊めてもらい~
3日(日)~2日間「よりみち市場」を開催しているので
ぽん母も参加しましたよぉ~

そのために、出発前に自宅でばぁちゃんご指導の元
出店する商品を、我が家にしては大量に生産しました
1467854223440.jpg
これは、青森県三戸町で8月の送り盆に作って仏様にお供えするきんかもちです。
1467704284959.jpg
なぜこれを作ることになったのかと言うと・・・・・
事の始まりは2011年10月ひめぽちキャラバン隊で行ったたろちゃんハウスの善助屋さん
ここでみんなでお昼ごはんをいただいたとき、カウンターに懐かしの食べ物があった。
ぽん母10歳まで宮古市で育ったので「おしゅうずさん」と呼ぶその食べ物が懐かしく
そこで購入して食べたのが始まり
その時の記事はなおみちゃんのブログ見てください。
ぽん母的には・・・・ふつう~の出来事だったので記事に書いてなかった(笑)
が!のちにこの「しゅうず」というローカルな食べ物がこうなって(笑)
先日、ねりまで実演販売になったってことです!詳しくは↓で書きました。

話は戻り(笑)
よりみち市場では、作って冷凍したものを並べ販売
でも・・・・すぐになくなり、急きょ実演での販売となり・・・
b0067012_11223053[1]
まさか・・・・ねりまでこれ作るとは~(笑)
b0067012_11231585[1]
はじっこの小さいのは、ワンコ用です(笑)
甘いゴマあんは入れずにくるみだけで小さく作りました。
(マリちゃんワールドから、写真勝手に借りてきちゃった 笑)
2016 ねりま旅 (17)
よりみち市場では、このほかに三陸のおいしい~がいっぱい!!
懐かしい~子供の頃食べていたエイサク飴もあったよ!!
詳しくは、マリちゃんワールド見てください(爆)
この日・・・・考えられないほどの猛暑・・・・吸う息が熱い!
その中、お友だちもたくさん来てくれました。
2016 ねりま旅 (15)
mamiさん、ノエルのママさん
2016 ねりま旅 (16)
ま~ちゃ、いっぱいおやつ頂いて、お返しにチュゥ~~~しちゃって(笑)
楽しい~1日となりました。
夕方6時、熱波のねりまを後にしました。
帰りは電車~でも一人じゃない(笑)お友だちのmiyanekoさんと一緒
池袋もすんなりと!!優しいmiyanekoさんホームまで付いてきてくれて
電車に乗せてもらいました
2016 ねりま旅 (19)
難関の池袋さまようことなく通過できて助かった~~ありがとです。
7時46分大宮駅から、無事東北新幹線に乗り
2016 ねりま旅 (18)
10時前に自宅へ
降り立った盛岡駅は涼しかった~~~~ホッo(^▽^)o
方向音痴でしかも田舎もんのぽん母のことを気にかけてくださったお友だち
わざわざ会いに来てくださったお友だち
そして巻き込まれた皆様、ありがとうございます。
マリちゃん、サラっぴ~degipochiしゃん、おかあしゃんお世話になりました。



きんかもちのこと

作り方も材料もほぼ同じ(中身が少し変わるので)
なのに呼び名が地域によって変わる不思議な食べ物
ぽん母の地元、青森県三戸町とその周辺ではきんかもち
宮古市から北三陸田野畑村付近、岩手県北内陸ではしゅうず
久慈市~青森県八戸市あたりではみみっこもち
岩手県北の内陸、二戸や浄法寺あたりではかますもち
で、調べても出てこないが・・・・ひゅうず・おおぎもち・ばほらもち・ばほりもちetsまだあるかも
特にレシピがあるわけでもなく
母から嫁、娘へと脈々と伝えられてきた郷土料理
なので、ぽん母が作る物は我が家の味
その家庭によって味も変わってくるこなもん文化です。
今では販売するためにレシピもあるようです
ちなみに・・・・盛岡にはありません(笑)
この辺はお茶餅なのかな~米どころに来ると
小麦粉から米粉へ変わってきます。岩手県南に行くとお餅文化です。

地域によって呼び方が違うのも特徴です。
青森県上北地方、岩手県二戸市の辺りでは「かますもち」、
八戸辺りは「みみっこもち」、その他「ばほりもち」「かまやき」「ひゅうず」
などたくさんの呼び方がありますが、どれも基本的に作り方は一緒で、
中に入る餡がわずかに違う程度のようです。ちなみに「かます」とは穀物を入れるむしろのこと、
「ばほり」とはばほり笠という、農作業の時に被った半月形の笠の事を言うそうです。
作り方だけが広まって、各地で命名されたのでしょうか。
北の粉もん情報サイト」さんより抜粋

こちらのサイト、ぽん母的には小さいころから食べていた
いろんな粉もんの食べ物が紹介されてます。
串もち・あずきばっと・ひっつみ・がんずき・なべこ団子
日常のおやつだったんだもんね~(笑)
全国で食べられてると思ってた・・・・・・こてこての北東北人ぽん母です(爆)


スポンサーサイト

コメント

昔からの食べ物!!

きんかもち!
しりませんでした。
呼び名が,地域で変わる!?
それだけ,生活に密着していたのでしょうね。
庶民の味!家庭の味!婆ちゃんの味!
いいですねぇ~。
ラッキーパパも,食べてみたいなぁ~。
その他にも,
串もち・あずきばっと・ひっつみ・がんずき・なべこ団子‥‥
素朴なおやつって感じ!!
岩手県は,民話だけでなく,いいものがたくさんありますね。
みんな食べてみたいなぁ~。

郷土料理~

こんにちは~
郷土料理のきんかもちですか~
美味しそう・・いやいや失礼いたしました(^_^;)
美味しいのは間違いないですよね~('ω')v
親から子と受け継がれるのは素晴らしいですね~
味わってみたいです~('ω')v
エアコンがいらないなんて・・・う・ら・や・ま・し・い
の一言です~(´∀`*)

No title

「ひっつみ」懐しい・・・・
他のは知らない名前の粉ねりものでした。
きんかもちって言うのですね。
富豪の食べ物みたいだわ(笑)
発音は「ひぃいつみぃ」って感じですよね?
確か給食でも汁物であった気がします??
記憶違いかな・・・

暑い中,お疲れ様でした!
こちら,今のところ涼しいですょ

No title

ラッキーパパ 様

田舎の・・・知る人ぞ知るみたいなおやつですもん(笑)
知らない方が正解です!!
なので、我が家にもレシピなんて存在しませんよ。
だいたいこんな感じでって教わりましたので
なので、毎回硬さが違ったり(笑)
まだまだ・・・・若造の部類です(77の母からすればね)
でも、しっかり教わって嫁に伝えて行こうと思ってます。
いつか来てください♪ご案内しますよ~。




よっこたん 様

知る人ぞ知るって感じの、郷土料理ですよ
祖母から母そして娘へと受け継いできたものです
私も、もっと上達して嫁へと受け継ぎたいと思います。

いいでしょ~いまだエアコンは稼働してません(笑)
でも・・・・反対に冬はねぇ~(笑)




コロンのママ 様

あははぁ~やっぱ懐かしいでしょ
しっつみぃ~(ひ、と、し、の間の発音で~す 笑)
きんかもちは、昔なかなか食べられなかったので
金貨見たいってことでついた名前のようですよ
そうそう~確かに!給食に出てました!!
汁と、ひっつみが別々なんだよね。

東京の暑さは別物ですわ~もうねぇ~吸う息が熱すぎる!!
盛岡も今の所快適です。



非公開コメント

☆☆☆
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -